ジョージア紹介
輝きを放つジョージア共和国の魅力

ジョージアを代表するもの

ジョージアを代表するもの地理的条件
ジョージアは、ヨーロッパの南東、黒海とカスピ海の間に位置し、アジアとヨーロッパをつなぐシルクロードの交差地点として、昔から重要な役割を果たしてきました。
中国で作られた絹が、紀元前2~3世紀に発見されていますし、ヨーロッパと中央アジアをつなぐ、石油・天然ガス・貨物等の最短距離のルートです。
石油については、世界石油需要の1%以上を輸送しており、地中海からロシア領土内を通らない、唯一のパイプラインがあります。
考古学的
首都トビリシの南方で180年前のドマニシ原人の化石が発見されました。
これは、ジョージアがヨーロッパ文明発祥の地ということの証であり、アフリカ人からヨーロッパ人への進化のミッシングリンクをつなぐものでした。
国家としての機能が減立してから3500年の歴史を持ち、ジョージア文字は、アラビア文字やギリシャ文字等、世界に存在する14のアルファベットのうちの1つです。

ジョージアの観光資源

ジョージアを代表するもの地理的条件
豊かな自然があり、変化に富んでいます。
ヨーロッパ最高峰の山脈、8つの国立公園、2400ものミネラルウォーター源泉、ユニークな25のスパリゾートがあります。
ジョージアは、氷河から亜熱帯地域、標高の高い山岳地帯を1日で旅することが可能なのです。


ジョージアを代表するものハイエンドな観光地
近軍では、アメリカ、中央アジア、東アジアからの観光客も訪れ、飛行機からの景色を楽しむツアーやヘリスキー等のハイエンドなサービスを満喫しています。


ジョージアを代表するもの

東山本大震災被災者へ100万ドルの義援金を頂きました。
2007年 東京都港区赤坂に大使館を発足しました。
2008年のジョージア・ロシア間の戦争勃発の際に、日本から大きな政治的支援を受けました。東西の交通要所進展の為、2億ドル以上の支援を申し出てくれました。
ジョージアからは、東日本大震災被災者へ100万ドルの義援金をいただきました。ジョージアと日本は、高いレベルの協力関係構築につとめております。

ジョージアと日本の交流の歴史
ジョージアを代表するもの世界銀行のIFC Doing Business 2010」経済レポートで、最もビジネスのしやすい国のランキングで183カ国のうち12位を獲得しました。
これは企業家や投資家に友好的規制環境の国であることを意味しています。
ジョージアは、ビジネスを始めやすい国として評価されていて、現地職員の採用やライセンス取得等の申請も同様に評価されております。
カナダに次いで外国企業が、1週間以内で子会社を設立できる世界で数少ない国の1つです。2010年の1月~6月のGDPは、6.4%の成長率を記録しました。特にエネルギーや農業、不動産関連の分野では、日本にとっても投資の重要な国となります。


ジョージアの食文化

ジョージアの食文化客人は、神からの贈り物
長い歴史から独特の食文化を持っています。
「客人は、神からの贈り物」というほどに、おもてなしは、ジョージア食文化の象徴です。スプラと呼ばれる夕宴では、
スピーチ、歌や踊りが行われて美味しい料理やワインが振る舞われます。 食材は、温暖な気候の為、1年のうち9ヶ月間、作物の収穫が可能です。有機栽培がほとんどで、山岳地帯で採れるハープは、ジョージア料理独特の香りづけになります。くるみ、ザクロ、ペースト、肉類、ニンニク等、ワインに合う食材が多いのが特徴です。


長寿国の秘密

無添加オーガニックのワインジョージアの食文化
ジョージアでは、「グヴィーノ (gvino)」と呼ばれ、イタリアの「vino」や英語の「vine」等 の語の由来である事が証明されています。世界2000種あるとされているプドウ原種のうち500種以上 がジョージアに由来し、ワインに使用されています。クベルリワインは、密封された土器の中で3~4ヶ月発酵、タンニン、ポリフェノール、そしてビタミンを多く含みます。無添加、オーガニックワインの味わいを桑しめます。

長寿国の秘密


ジョージアの食文化無添加オーガニックのワイン
ジョージアでは、マッツォーニと呼ばれています。日本では、カスピ海ヨーグルト、コーカサスヨーグル ト、ケフィアヨーグルトで馴染みがあります。 お母さんやお婆ちゃんが作る「家庭の味」のする商品が人気です。スプーンで、豆腐の様にすくえて水分が滴ります。
その他、有機栽培食品のたちみつ、ジャム、つけもの等、健康的な食材が多数あります。

資料請求はこちら

ジョージア大使館

ネイチャープラス

パティス・ガストロノミー協会

ジョージア政府観光局(GNTB)

東京ジョージア倶楽部
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-30-4 ワコー人形町マンション104号室
(株式会社ネイチャープラス内)
TEL:03-5614-0126